快眠だと朝起きたときの軽さ

人間が健康的に活動するためには、一日の疲労をしっかりと癒す時間が何よりも大切です。 こうした疲労を回復させるものとして、最も重要なことが睡眠です。 しっかりとした質の良い睡眠をとることで、体や心をリラックスさせることができ、次の日に正常に活動するための気力や活力を養うことが可能となります。 しかし、こうした質の良い睡眠も、生活のリズムが乱れていたり、ストレスフルな生活を送っていると、中々とることが難しい者となります。 特に深夜まで仕事をしていたり、液晶画面などの人工の光を見る時間が長い人は、就寝時に体を十分にリラックスさせることができない人も多くいます。 こうした体の緊張を解きほぐし、十分にリラックスした状態で眠りにつくためには、快眠マッサージが非常に効果のある方法です。 人間は活動しているときは交感神経が活発に働いていますが、快眠するためには交感神経を休ませ、副交感神経にスイッチする必要があります。 そのためには、一日の疲れで緊張した筋肉をほぐすストレッチやマッサージを行うのが有効で、これは指圧のように力を入れるようなやり方では無く、全身の筋肉を揺らすようなイメージで行うマッサージが効果的です。 また、入浴時に体の緊張した部分を手で優しくこするだけでもこうしたマッサージの効果を得ることができます。 特に入浴中や入浴後は体の血行が促進されているため、よりマッサージの効果を高めることができます。 マッサージによって筋肉がリラックスすると、コリやハリによって圧迫されていた血管が緩むため、酸素や栄養をゆっくりと運ぶことができるため、疲労の回復や体のダメージの修復の効率が上がります。 こうした状態で睡眠を取ると、副交感神経がしっかりと働いた状態で眠ることができるので、翌朝起きた時、体にだるさや疲れを残さず、爽快な軽さを実感できるようになります。 目覚めが良くなるので、いつまでも眠くてだるいという感覚も無く、また食欲なども促進されるため、生活リズムの改善にも効果を得ることができます。


▲ページトップに戻る